しおりのおかねのはなし

しおりのおかねにまつわる話をたまに覗いて下さい

還付申告 まとめ

 

2020年1月に大苦戦の末に確定申告-還付申告を終えたので初心者なりにまとめてみました。

 

還付申告はこの3パターンから選べます。
1.書類を用意・作成し管轄の税務署に郵送or持参して申告
2.e-taxで申告(マイナンバーカード方式)
3.e-taxで申告(ID・パスワード方式)

今回は 2.e-taxで申告(マイナンバーカード方式)に挑戦してみた結果、こうすれば良かったと思った手順の流れを来年の為に記録しておきます。もっと良い方法もあると思いますので参考程度にしてください。

 

しおりは年の途中で仕事を退職しその年は再就職していない、パターンでした。その他にも年末調整済で源泉徴収票をもらったあと還付申告をしたい、といった時にも使える流れです。 

 

 

 

 

大まかな手順

  1. マイナンバーカード取得
  2. ICカードリーダーの準備
  3. 控除証明書や明細の集計フォームの用意・作成
  4. 最新版事前準備セットアップのダウンロード
  5. JPKI利用者ソフトをインストール
  6. 開始届出書の提出
  7. 利用者識別番号の取得
  8. 電子証明書の取得
  9. マイナポータルをつなぐ
  10. 申告書を作成、申請する
  11. 事務手続きが終わって還付される

 

 4~9は手順前後でも全部すれば大丈夫だと思う。

 

 

 

マイナンバーカードの取得

 

マイナンバーカードを取得、用意する。カードを受け取るとき、4つの暗証番号を登録するが全てちゃんと控えておく。(暗証番号は必ず控えておく、入力時何回も間違えるとロックがかかるようなので注意)

 

 

ICカードリーダーの用意

 

マイナンバーカードのデータを読み取れるicカードリーダーを用意し使えるようにしておく。家電量販店やネットで購入。マイナンバーカード対応の一覧で確認する。

www.jpki.go.jp

しおりはこれを使ってます。

f:id:shiori2020:20200122110139j:plain

接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi USB対応 RC-S380

 

一部のスマホICカードリーダー/ライターとして利用することもできる様子。これは全然わからない。

 

 

推奨環境を確認する

 

www.keisan.nta.go.jp

パソコンを立ち上げた時更新が来ている時はとりあえずやっておく。特にこれで問題はなかった。

 

2020年1月はicカードリーダーの都合なのかよくわからないが、とりあえずIEInternet Explorer)から入ってスタートさせた。

2020年2月上旬にEdgeにも対応したようなのでEdge用アプリケーションを指示とおりにインストールしてスタートさせてもよさそう。

 

 

控除証明書などの用意

 

源泉徴収票の用意、控除証明書をちゃんと把握しておく。医療費控除の時は医療費集計フォームのファイルをダウンロードして入力作業をしておくと後で楽ちん。作成したフォームを保存しておく。

www.keisan.nta.go.jp

 

 

最新版の事前準備セットアップをダウンロード

 

上記に張り付けてある「【確定申告書等作成コーナー】作成コーナートップ」の『作成開始』から→『e-Taxで提出 マイナンバーカード方式』を押すと『事前準備セットアップファイルのダウンロード』をするよう指示があるのでダウンロードする。

そこでJPKIAアプリのソフトもインストールできる。

もし、ダメだったら、

www.jpki.go.jp

ここから、手もちのパソコンに対応する利用者クライアントソフトをダウンロードする。ダウンロードしたらJPKIAのアプリをクリックするとインストールが開始される。

これでも大丈夫。 

 

 

 

開始届出書の提出

 

※事前準備セットアップををダウンロードする流れで開始届出書の提出・登録ページに飛んできたら、指示通りにすれば大丈夫。

 

www.e-tax.nta.go.jp

f:id:shiori2020:20200208180554p:plain

e-Taxのこのホーム画面の「e-Taxソフト(web版)(ログイン)」から入り、初めてe-Taxをご利用される方への「開始届出書の作成・提出」を押しどんどん進んでいくと利用者識別番号を取得できる。

そのまま開始届出書の新規登録をするページになるので電子証明書の登録作業をする。

 

 

マイナポータルのサイトでつなげる登録

 

naoyu.net

すごくわかりやすいので、こちら記事を参考にマイナポータルに登録し「つなげる」作業をする。

終わったら、とりあえずここまでうまくいっているかe-taxトップページのメッセージボックスから確認するもよし。申告書作成ページにもう進んでも良ければ、つなげる登録が済んだページ画面の『国税電子申告・納税システムe-tax)を利用する』から作成ページに飛べる。

 

 

申告書を作成する

 

f:id:shiori2020:20200208185044p:plain

【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)

e-taxのトップページのここから確定申告書等作成コーナーに進みして「作成開始」からマイナンバー方式を選び利用規約に同意してマイナンバーカードを読み取らせて作成作業に取り掛かる。

記入漏れがないようにどんどん入力する。

最後に確認して送信する前に手元に送信内容を印刷して、保管する資料と一緒にまとめておく。

もし入力間違いのものを申告したら、申告期間中だったら全てきちん訂正した内容のものを申告しなおせば上書きされる。

 

 

還付される

 

2日後くらいにちゃんと受付て処理がはじまったか、【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)のメッセージボックスで確認する。

事務手続き・処理が終わるのを待つ。

還付金が振込まれる。

還付金振込通知書のハガキがくる。

 

おわり